• お問い合わせ・ご質問は

  • 0742-35-8020

当診療所の特徴

徹底した衛生管理

近年、患者さんの間でも衛生面への関心は高まっていることと思います。
当診療所では、あらゆる院内感染を防ぐために、さまざまな衛生管理を徹底しています。
いつでも安心して通っていただける診療所であるよう、常に努力を続けています。

治療に使用する機器や設備も滅菌・消毒

歯科の治療では外科的処置もあるので、使用した器具類に血液や唾液が付着します。血液、唾液の中にはウイルスや細菌が含まれていますから、使用した器具を滅菌することは、歯科医院としての必須の業務です。
当診療所は滅菌や洗浄に多数の機器を使用し、効率的に滅菌状態を作れるようにしています。滅菌器の中には、クラスBというヨーロッパ規格に準拠したオートクレーブも含んでいます。クラス「B」と言うとAに次ぐ2番目のものと思われるかもしれませんが、このBは滅菌効果が大きい(Big)であることを示すものです。歯科医療の先進性が高いヨーロッパでも最高水準として認められているものなので、高い信頼感があります。

また、滅菌ができない器具に関してはディスポーザブル(使い捨て)にすることで、院内感染を防ぐ取り組みも行っています。
さらに、治療中に歯を削った微粉や細菌を含んだ飛沫が室内に飛散することを防ぐ、口腔外バキュームも導入して院内環境にも配慮していますので、安心して当診療所をご利用ください。

EPIOS ECO SYSTEM

当診療所は治療に使用する水の安全性を保つために、細菌数ゼロの水を供給できる「エピオスエコシステム」を導入しています。
また、設備導入だけで安心することなく、第三者が行う細菌検査を定期的に受け、徹底した水質管理を実施中です。

患者さんの菌血症のリスクを減らすためのPOICウォーター

歯科治療では出血を伴う処置が少なくありません。口腔内の細菌が血液の中に入り込むと、菌血症という状態になります。

当診療所ではこのようなリスクを少なくするために、POICウォーターという除菌水を使用して、口腔内の除菌を行っています。POICウォーターは、高純度の塩と超純水を電気分解して得られる除菌水です。POICウォーターは除菌力が高い上に化学薬品を使用していないので、お子さんや高齢の方、妊娠期間中の人でも安心して使用できます。

オートクレーブ

ヨーロッパにおいて最高水準の「クラスB」という規格に準拠した滅菌器で、機器に付着した細菌やウイルスを滅菌することができます。

高速オートクレーブ

器材をわずか7分程度で滅菌できる、高速タイプのオートクレーブです。これにより、常に清潔かつ安全な機器による治療を実現しています。

超音波洗浄機

超音波振動で、消毒薬の容器に入れた小さく細かな器具を洗浄・消毒します。見えない部分の細かい汚れも強力に落とせます。

圧縮エアー式クリーナー

治療器具のメンテナンス(潤滑・洗浄)を自動で行えるクリーナーです。最大4本のメンテナンスを短時間かつ自動で行うことができます。

医療用器具洗浄器

上下のアームノズルがそれぞれ逆回転し、扇型の洗浄水を噴射する洗浄器です。一度に広範囲の洗浄が可能です。

医療用熱シーラー

滅菌後も滅菌状態を保つために、滅菌した治療器具をパッキング(包装)するための機械です。確実な密閉が可能です。

口腔外バキューム

治療の際に、周囲に削りカスや血液・細菌などが飛び散ってしまうことがあるので、それを吸引し清潔に保つための機械です。

歯科用設備紹介

歯科用X線CT(モリタ社製3DX)

当診療所2階に導入しています。このCTは高画質・低被曝量であり、2007年に奈良県下で当診療所が初めて導入いたしました。

歯科用CTについて

歯科用CTは照射範囲の小さい頭頚(けい)部領域のために開発され、医科用ヘリカルCTに比べて著しく低被爆量(0.01~0.09ミリシーベルト)で高精度の三次元情報(骨質や骨形態・神経の位置など)が得られるのが特徴です。従来の二次元レントゲン画像では診査しきれなかった情報が、確実に把握できます。したがって、あらかじめ適切なインプラントのサイズ(太さや長さ)を選択してシミュレーションできるため、安全で理想的な位置へインプラントの埋入が可能となります。
インプラント治療(特に骨造成技術を伴う)の最も重要な術前の診査・診断がより的確になることは、確実性や手術の円滑性に大きく貢献し、手術時間の短縮にもつながります。

マイクロスコープ

肉眼では見ることができない細かな部分まで見ながら治療を行える設備です。インプラント手術や精密な歯科治療時に有用です。

ピエゾサージェリー

超音波を用いた、骨を切削する器械です。主に口腔外科治療で使用します。軟組織を傷つけず硬組織のみを選択的に切削することが可能です。

生体モニター

治療中の患者さんの生体情報を把握できる設備です。全身の状態を正確かつ迅速にとらえることができるので、より安全に治療が行えます。

水素ガス発生装置

体内の活性酸素を除去し、ミトコンドリアの働きをサポートします。創傷治癒の促進、歯周病の改善や予防にも効果が期待できます。

位相差顕微鏡

口の中にいる細菌を確認できる高倍率の顕微鏡です。ご自身の細菌のタイプを把握して、歯周病の治療や予防の対処に役立てていただけます。

診療所内LANシステム

治療時に各診察チェアーでデジタルレントゲンや歯科用CT画像を確認していただけるように、診療所内はLAN構築されています。

診療の流れ

  • Step01
    ご来院・受付

    当診療所は予約制ですので、あらかじめ予約をしてからご来院いただけるようにお願いします。初診の際は問診票への記入もお願いしていますので、予約時間の15分程度前にお越しください。

  • Step02
    問診

    問診票の情報をもとにしながら直接お話を伺います。痛みやトラブルの経緯や、治療に望むことなどをお話しください。緊張や不安もあるかもしれませんが疑問や質問があればお答えますので、なんでもお気軽にお尋ねください。

  • Step03
    検査

    患者さんのお口の中の状況を適切に把握し、レントゲンや口腔内診査などのいくつかの検査を行います。

  • Step04
    カウンセリング・治療計画の説明

    検査データをベースにして診断を行い、問診時のご要望を踏まえた治療計画を立案・ご説明いたします。治療内容は一方的に押し付けるものではなく、メリット・デメリットをていねいに説明して患者さんの意向をうかがいます。歯科医療のプロとして自信をもって提案しますが、ご本人の理解と納得が何より大切ですから、同意を得ない治療を勝手に進めることは一切ありません。

  • Step05
    治療

    説明は治療計画を出したときだけでなく、治療の際にもていねいに行います。その日に行うことをお話しして、治療の後にはお口の状況や今後の治療内容などを説明します。
    また治療は、できるだけ痛みが少ないように配慮します。質問やご要望にも随時お応えしますので、どうぞ遠慮なくご相談ください。

  • Step06
    メンテナンス・定期検診

    治療が終わると歯科医院から足が遠のく人がいます。しかし、セルフケアの意識や方法を改善しないと、むし歯や歯周病は再発します。
    当診療所の定期検診では、状態の確認やブラッシング指導、口腔内のクリーニングや食生活へのアドバイスなどで、一緒に再発防止に取り組むことができます。「悪くなって治療する」という悪循環を断ち切りましょう。

ページトップへ戻る